<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おひなさま

  春の園紅にほふ桃の花下照る道に出で立つ娘子   大伴家持 (万葉集 巻19・4139)

c0053571_2213306.jpg
c0053571_22134638.jpg


お雛様を飾るということから遠ざかってずいぶんになる。
今年、ご縁があって、短歌の友人から千代紙で作ったお雛様をいただいた。
友人のお母様の手作りだ。
大きいお雛様は和紙風の紙に貼ってパソコンのそばに、
小さなお雛様(すでに黒い台紙がついていた)はベッドサイドに飾った。
ただそれだけのことなのだけれど、なんだかいいんだ。
ぽうっと灯りがともったような感じ。
ああ、ぼんぼりを作ってやればよかったのか。
来年、千代紙を買ってきて作ってみよう。台紙ももっと素敵なのを探そう。
それから、桃の花を買ってこよう。
[PR]

by mizuki_nim | 2011-02-28 22:31 | 今日の歌

塔1月号掲載歌

うしないし半身のことつや消しのメタルのような声で読み出す

その声がふるえるたびにさざ波のたつみずうみのほとりを思う

キャラメルのエンゼルマークをセロファンの上から撫でて師は笑まいおり
 
思い出の少なきわれに残るもの「歌をやめたらあきませんよ」

なに色のコスモス咲いているだろう岩倉長谷町三〇〇-一


(山下洋氏選)
[PR]

by mizuki_nim | 2011-02-05 14:44 |

春立つ

  ひさかたの天の香具山この夕べ霞たなびく春立つらしも   柿本人麻呂(万葉集 巻10・1812)

今日は、暖かかったようですね(昼間外に出ていないのであまり実感がないのですが)。

昨日、帰りにスーパーに買い物に行ったら、入り口付近のお豆さんコーナーがすっかすかでした。
それなのに、「鬼はー外!福はー内!」という声をどこからも聞くことがありませんでした。
みんな、まいたりしないで食べちゃうのかしら(近所のお不動さんで豆まきがあったそうだけれど)。
かくいうわたしもまかないで食べちゃったんですけどね~。


定時に職場を出ると空には夕焼けの名残があります。
いつの間にか日が長くなったんだなぁ。
[PR]

by mizuki_nim | 2011-02-04 23:02 | 今日の歌