<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

12月終わります

またもや間があいてしまいました。

先月の『いたた月間』に続き、今月は『風邪月間』でした。
10日以上ごほごほずるずるしたのち、人にうつして(迷惑)、いったんよくなったかと思ったのですが、
ふたたび喉が腫れています。

大掃除はできていませんが、年賀状は夕方に投函しました。

風邪を寝正月で治したいと思います。


では、みなさま、良いお年を!
[PR]

by mizuki_nim | 2012-12-29 22:12 | 徒然につづる

平泉

観自在王院跡への抜道を歌の仲間と行く猫になり

どんぶらこって何か流れてきそうだね<遣水>なれば歌流れこよ

連名で護摩木を納め手を合わす歌が上手になりますように

雅史くんの撞きたる鐘の残響がからだのなかに静もりゆきぬ

生まれたての蜻蛉を代わる代わる見る雨上がりたる朝のさ庭に

うすらいのようなとんぼの翅ひかる美(は)しくあらむとしてあらざるに

ゆるゆると鳰照る月見坂のぼりモリアオガエルの卵に出会う

いそのかみ旧き鞘堂見上げつつ子供のころを語れる人よ



(『塔』10月号 池本一郎氏選)
[PR]

by mizuki_nim | 2012-12-08 21:11

ほうたる

銀座に源氏ボタルを観る夕べ入場待ちの列に並びぬ

呼吸するごときひかりに伸ばしたる手をやわらかく網戸がはばむ

きれいねと声の聞こえる暗闇に鳥取で観しほたるを思う

樗谿(おうちだに)神社の鳥居くぐりゆき初めて見たるほたるのひかり

ほうたるが吉川宏志の手の上で明滅するを近寄りて観き

ゆくりなく手より離(か)れたるほうたるの水脈引くごときそのひかり美(は)し

地下鉄の暗がりよぎり樗谿(おうちだに)よりほうたるが眼裏(まなうら)に来る



(『塔』9月号 小林幸子氏選)

More
[PR]

by mizuki_nim | 2012-12-03 21:40 |

12月

はっと気が付いたら、12月に突入していました。
10月後半から腰痛、11月上旬に階段でこけ、痛めた足を引きずっているうちに腰痛が悪化……名付けて『いたた月間』でありました。
現在はほぼ復旧しています。

なんとなく載せなくなってしまっていたのですが、『塔』で発表した歌を載せていこうと思っています。
[PR]

by mizuki_nim | 2012-12-03 21:18 | 徒然につづる