人気ブログランキング |

1のつく日に書いてみる(11)

お盆も終わり、8月もあと10日なんだなあ。
今週末は塔の全国大会が京都である。
いつもはこれが終わると夏も終わりだなあって思うのだけど、
今年はちょっと違う。

錦見映理子さんの『めくるめく短歌』出版記念のイベントが
26-27日と京都の町家であるのだ。
この間の土日はこのイベントための工作をしていた。
ふふふ、楽しい。
LINEのグループで、「文化祭みだいだねえ」って発言があって、
ああ、そうだなって思った。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
「めくるめく短歌イベント」
8月26日(月)27日(火) 11:00-20:00
入場料500円

錦見映理子著『めくるめく短歌たち』に出てくる全ての歌集(関連書籍も少し)を集めて展示します。
26日には正岡豊さん、錦見映理子さん、藤田千鶴さんの鼎談があります(有料1000円・入場料込)

そのほか、かるたの実演や歌会もあるかも。


会場:Bonjour! 現代文明
〒604-0906 京都府京都市中京区新烏丸通竹屋町上る東椹木町121

地下鉄東西線 京都市役所前駅 徒歩7分
地下鉄烏丸線 丸太町駅 徒歩13分
京阪 神宮丸太町駅 徒歩9分


夏の終わりの大人の文化祭においでください。


# by mizuki_nim | 2019-08-21 22:19 | 徒然につづる

1のつく日に書いてみる(10)

8月に入ってから、朝の地下鉄ホームが空いていて、夏休みだなあと思う。
わたしも昨日からお休みに入った。
18日まで一気に休もうかと思っていたのだけれど、23日締切の調査回答がいくつか終わっていないので
今週ちょこっと出勤する。でも図書館としては今週はお休みー。
休み前の駆け込みで金曜の午後は結構忙しかった。


カウンターにいると利用者からスマホの画面を見せられて
「この本どこにありますか?」とか「この本を予約したいんですけれど」とか
言われることが多い。

確かにわかりやすくてありがたいのだけれど、スマホの画面(の中の文字)は小さいの……。
小さい字や近くのものが見えづらいお年頃なので、
「字が小さいので、画面大きくしてもいいですか?」
と許可をもらってスマホ画面を拡大させてもらっている。(または画面を拡大してもらっている)


コンタクトを遠近両用にすればいいのかな。
(でも、リニューアルの時におすすめされないんだよな)




# by mizuki_nim | 2019-08-11 12:44 | 徒然につづる

1のつく日に書いてみる(9)

梅雨が明けたとたん、あっつい。

いろいろもろもろ「忘れていた」物事が発覚するここ数日(公私ともに)。
仕事の方は、みんな優しくて「大丈夫、大丈夫」と対応してくださった。
ううう。

まあ、わたしがいけないんだけどさあ、もう少しフォローしてほしいなあとか、
同僚に対して思ってしまったりして……自己嫌悪。


はあああ、落ち込むなあ。


働き方改革とかで休みを取れ取れと言う割には、今月中締切の調査とか依頼とかが
てんこ盛りで、今から憂鬱……。


うん、たぶん、気持ちが落ちているんだ。
だから、あらゆることがつらいものに感じるんだ。

月初から愚痴モードですみません。
(よいこともちゃんとあったんだけれどねえ)


あ、
仕事じゃない方は、ぎりぎり間に合った。



# by mizuki_nim | 2019-08-01 23:13 | 徒然につづる

31日に書くうろうろ(2)

根津美術館

日本・東洋の古美術品コレクションを持つ美術館で午前10時から午後5時まで開館。東京メトロ表参道駅が最寄駅です。
通りをてくてく歩いていくと交差点の向こう側に趣のある一画が見えます。
竹垣の中を通って美術館のエントランスに行きます。ここを通ることで外界と隔てられる感じがします。

お天気が良い日は庭園散策をするといいです。石像があったり池や小さな滝があったりして楽しいです。
池に反射した光が木々の緑にゆらゆらしていたり、水面に木々が映っていたりして、美しいです。
庭園の中にカフェもあります。お茶のほか軽食もあるので、ここでランチをいただいてからゆっくり展示室を回るのもありです。

ロッカーは1階のほかに地下1階にもあります。もちろん空いているのは地下です。

表参道駅のそば(美術館とは反対側)に、リンツ ショコラ カフェがありまして、ここでチョコレートドリンク&スィーツをいただいて帰れたら、それはもう幸せの極みなのです。(土日祝の午後は混んでいる)

# by mizuki_nim | 2019-08-01 00:00 | 徒然につづる

1のつく日に書いてみる(8)

今日は参議院選挙だった。
午前中に投票に行った。
わたしが行く投票所は行く度にレイアウトが変わっていて、
あれ?受付何処?
となってしまう。
今回は、入口と出口も違っていて、まごまごしてしまった。
でも、まあ、運営の人々が、毎回よりよいレイアウトを考えて
このようになっているのだろう。



# by mizuki_nim | 2019-07-21 23:07 | 徒然につづる

1のつく日に書いてみる(7)

(昨日投稿しようと思ったら、ブラウザが固まってしまい、投稿できず……)

職場でおすそ分けのおすそ分けとしていただいたラベンダーを飾った。
カウンターの端っこに置いてみた。
当番でカウンターに出ていると、時折ふわんと香る。
おお。
いいな。
花はいいなあ。
と思うものの、家では飾っていない。
東日本大震災の時、飾っていた花が花瓶ごと床に落ちていたせいか、
以来生花を飾るのがこわいのだった。



# by mizuki_nim | 2019-07-12 07:35 | 徒然につづる

1のつく日に書いてみる(6)

ああ、今年も半分過ぎてしまったのだ。
月末が週末だったので、土曜日に水無月を買いに行ってきた。
東京でも見かけるようになったし、販売期間も長くなったけれど、
職場や自宅周辺の和菓子屋さんにはないんだなあ。
んで、デパ地下に行くのでありました。
今年は、虎屋さんのにしてみた。
理由は、一個売りだったから。
他のところは三個とか四個とかの詰め合わせしかなくって。
白と黒の二種類を買って帰った水無月ですが、
美味しかったけど、美味しかったけど、硬めだったなー。
個人的にはやわらかい方が好み。
(たぶん一番最初に食べた水無月がやわらかかったからだろう)



# by mizuki_nim | 2019-07-01 22:18 | 徒然につづる

1のつく日に書いてみる(5)

昨日、東京オリンピックのチケット抽選結果発表だったのね。
職場の半数(3人)が申し込んでいて「へー」。
そっか、みんな申し込んでるんだ。
当たったのは1人だったけど。
わたしは見に行くつもりがこれっぽっちもなくて、
職場の人の話を聞きながら、へーっと言っているだけだった。
たぶん、職場ではわたしは何に興味があるのかよくわからない謎の人と思われている。
(短歌をやっていることは言っていないので)









# by mizuki_nim | 2019-06-21 21:35 | 徒然につづる

1のつく日に書いてみる(4)

最近なんだか髪がまとまらないなあと思っていた。
先月いつ美容院に行ったかな。
手帳にも(紙の)カレンダーにもGoogleカレンダーにも書いていない。
え、……てことは、先月美容院に行ってないのか。
てことは、もう一ヶ月半ぐらい経っちゃってるのか。
そりゃあ、髪まとまらないわけですよ。
先月いろいろと慌ただしかったからなあ。忘れてしまったらしい。
ということで、日曜日に髪を切りに行ってきた。
美容院で前回来た日を聞いてみると4月下旬だった。
やっぱりなあ。
ショートカットだとひと月に一回行かないと、見苦しくなってしまうのだ。

その後、夏用の白いネイルとラメ入りのトップコートを買った。


# by mizuki_nim | 2019-06-11 23:06 | 徒然につづる

31日に書くうろうろ(1)

さて、遅刻ではあるけれど、
31日は、とととでやっていたうろうろ☆ミュージアム的なことを書いていこう。(すいません、ととと、は諸般の事情で休刊中)

東京国立博物館
東京・上野にある。この上野地区、国立博物館のほか、西洋美術館や東京都美術館、動物園、東京芸術大学、東京文化会館、寄席、お寺、東照宮など盛りだくさんです。
わたしはもっぱら東京国立博物館(トーハク)へ行く。
トーハクには、本館、平成館、アジアキャラリー(東洋館)、表慶館、法隆寺館、黒田記念館…とたくさん建物がある。特別展は平成館で行うことが多いので、平成館と本館に行く率が高い。
春と秋に庭園が開放されるのもよき。(春はゆっくりお花見ができるのでお勧め!)
ロッカーは、平成館にはかなりの数があるけれど、とんでもなく混んでいるときは空いていないことも(というか空いてない)。本館はロッカー少な目。でも、重い荷物を持って回りたくないときは、アジアギャラリー(東洋館)のロッカーがねらい目だったりする。
平成館で特別展があるときには1Fラウンジに鶴屋吉信の売店が出て、イートインOK。つばらつばらなど鶴屋吉信の和菓子もあるのでお土産に買って帰ることも。
わたしは仕事帰りに寄るときは、ここでエネルギー補給をしてから展示室へGO。

特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」(平成館)、特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」(本館)は本日で終了。
次回は三国志、7月9日~。
秋にはトーハクでも正倉院宝物が展示されるとのこと!(混むんだろうなあ)


# by mizuki_nim | 2019-06-02 20:02

1のつく日に書いてみる(3)

今日から6月だ。昨日も1のつく日だったのだけども、すみません、忘れてた。
昨日あげるはずだったものは明日あげます。(忘れなければね)


6月の異称は水無月。
水無月という和菓子がある。
関西(京都だけなのかな?)で、6月の晦日(夏越しの祓の日)に食べる習わしらしい。
三角形のういろう(たぶん)の上に小豆が敷き詰められている。お店によって、ういろうは白・黒・抹茶があるようだ。
最近では東京でもこの水無月を見かけるようになった。
今日、たまたま通りかかったデパ地下の和菓子屋さんには、もう水無月が出ていた!
買おうかなって一瞬思ったけれど、買わずに帰ってきた。
京都の東寺さんの近くに通年で水無月を売っている和菓子屋さんがあったのだけれど、今もあるのかな。


# by mizuki_nim | 2019-06-01 21:36 | 徒然につづる

1のつく日に書いてみる(2)

塔の5月号に『みづのゆくへと緩慢な火』の歌集評が掲載された。
未来短歌会の笹公人さんと塔の江戸雪さんに書いていただいた。

笹さんには短歌を始めた頃にカルチャーやブログでお世話になった。
書評を書いてもらうなら笹さん、と決めていた。

江戸さんは、短歌をやっていくうちに大好きな歌人となった人。
東京に住んでいるのに京都の塔に入ったのは江戸さんがいたから。

お二人とも愛あふれる歌集評を書いてくださった。

宝物だから、これ。
死んだら、2019年5月号を棺に入れてもらう。

# by mizuki_nim | 2019-05-21 22:39 | 徒然につづる

1のつく日に書いてみる(1)

曜変天目茶碗を巡る旅

器の中に宇宙を持つ茶碗で、世界に3点しかないと言われているのが曜変天目茶椀。
この3点(いずれも国宝)が、東京(静嘉堂文庫)、奈良(奈良国立博物館)、滋賀(MIHO MUSEUM)でほぼ同時期に公開されている。
特に、MIHO MUSEUMで公開されているものは、大徳寺塔頭の龍光院所蔵で一般公開していない寺院なので、まず、目にすることができない(と思っていた)。
もう生きているうちに三碗を同時期に見るなんてことはおよそありえないだろうということで、小さな宇宙を見に行くことにした。


1.静嘉堂文庫(静嘉堂文庫所蔵)
まずは、近場の静嘉堂文庫。
稲葉家にあったことから「稲葉天目」とも呼ばれる。自然光の入るラウンジスペースに置かれていた。
模様がくっきりしている。
360度ぐるりと回る。見る位置によって模様や色が変化する。内側だけではなく外側もよく見える(といっても外側に模様はない)。
すごい。
国宝をラウンジスペースにしかも自然光の中に置いてくれた静嘉堂文庫、すごいぞ。


2.MIHO MUSEUM(龍光院所蔵)
滋賀県甲賀市にある美術館で、3館の中でアクセスの不便さで一番ハードルが高い美術館。石山駅からバスで小一時間。(バスは一時間に一本)
GW中でいつもよりも人が多いためか、臨時バスが出ていた。
龍光院は黒田長政が父の黒田如水の菩提を弔うために建立したお寺だということを初めて知った。
開祖の江月宗玩和尚は堺の豪商天王寺屋・津田宗及の次男。茶碗は天王寺屋から寄進されてから400年間所有者が変わることなく伝えられてきたもの。
三碗の中では一番地味、らしい。
いやいやいや、そんなことないっすよ。
こちらは照明が抑えられた部屋で茶碗の外側(模様はない)は見えない。
これも360度ぐるりと回る。伸びあがって内側の底まで見る。
瑠璃色も見えたのだが、銀色の印象が強く残った。


3.奈良国立博物館(藤田美術館所蔵)
現在改装中の藤田美術館のお宝を一同に会した展示の目玉。数年前にサントリー美術館でも展示されていて、その時に観ている。「曜変天目」というとわたしはこの茶碗が思い出される。
水戸徳川家に伝わっていたが、売りに出されたところを藤田平太郎が購入した。
360度回って、中も覗き込む。瑠璃色がきれいだ。三碗の中で唯一外側にも模様があるのだが、今回はあまりよく見えなかった。
一番瑠璃色でオーロラのようで宇宙っぽい。


# by mizuki_nim | 2019-05-11 21:36 | 徒然につづる

1のつく日に書いてみる

さようなら平成。こんにちは令和。
人生で二度目の改元です。

さて、ずいぶん滞っておりました。
新しい元号を機にまた復活してみようかな、と。
塔のはままが6のつく日に書く日記というのをやっているので、真似してみよう。
1のつく日になにごとか書いてみようと思います。
*
職場異動二年目。
しかし、去年やったことをまるで覚えていないので、やっぱり年度末新年度はばたばたのあわあわである。
ばたばたあわあわの小休止の時に、新年度用の文書ファイルなどを作る。(いや、そういうことは年度末にやっておけよって話なのだが)
ついでに、自分の机の上やら周りの棚の書類を整理を始める。(確実に現実逃避が入っている)
数日後(!)、机の上は見違えるようにきれいになり、すっきりした。
たぶん、わたし、明日死んでも全然大丈夫なくらいに片付いたよ。(いやいや、自宅が大丈夫じゃないから!)
それから数週間、職場の机の上はきれいなまま♪(自宅はひどいありさまのまま♪)
次の異動の時まできれいなままでいられるといいなあ。





# by mizuki_nim | 2019-05-01 22:59 | 徒然につづる

立秋

もう残暑なんですか。そうですか……。
まだまだあっついんですけどね。

仕事であたふたしているうちに8月です。
先日仕事(一応)で、かの有名な東京大学地震研究所に行きました。オープンキャンパスで一般公開されていたのです。
目的は図書室所蔵の貴重資料を見に行くことだったのですが、その展示がある建物とは別棟に地震計博物館というところがあったので、行ってみました。
地下の一室に明治期から平成の地震計各種が並んでいました。地震計なんて見たことがなかったので面白かったです。技術職員さん(と後から知った)が、丁寧に説明してくれました 。明治期の地震計はまだ動いていてちゃんと記録が取れるのだそうです。すごいな!
※普段、公開されているのかはわかりません。

貴重資料(鯰の絵や火山噴火の絵)もちゃんと見てきました。

それから、前職場の流しそうめん大会にもちゃっかり参加しました。
(発起人が異動・退職したのに、ちゃんと流しそうめんのために来るという……)

あたふたしつつもちゃんと楽しんでいます。(ま、いろいろ滞っているのも事実ですが^^;)

さて、来週末は全国大会です!

# by mizuki_nim | 2018-08-07 20:53 | 徒然につづる