落語と梨狩り

すっかりご無沙汰しております。
秋になってきましたねえ。

相変わらず左足には湿布を貼っております。
あとちょっとなんですけど。
まあ、志の輔師匠の落語を聴きに行ったり、梨狩りに行ったりして安静にしていないから
腫れがすっきり引かないのか。^^;

先日、落語を聴きに行ってきましてね、高校の芸術鑑賞以来(この時は先代の円楽師匠)ですから、
30年ぶりか!!30年前のは演目すら覚えていません。(でもすっごく笑った記憶はある)

今回の演目は「親の顔」「ちりとてちん」「柳田格之進」
面白くて楽しくて泣きました。
落語で泣く?
自分でもびっくりしましたが、泣いた。柳田格之進ですよ。

また機会があったら見に行きたいなー。

梨狩りは初めて♪
梨畑に入ると土のいい匂いがしました。
梨は、ナシ園の人によりますと、遠目に見て赤っぽいのがいいやつらしいのですが、
えー、どれも同じに見えるわー。
ということで、自分がいいなあーと思った実をおそるおそる上に持ち上げると簡単にとれました。
をを!ほんとに簡単にとれる。面白い。
好きなだけもいで食べていい、のですが、梨なんてそんなに食べられるもんじゃありません。
二つかぶりついてきました。
豊水だったので、かぶりつく傍から水分が溢れて、前かがみになってね。
(果物の汁は服に付くとシミになるんだよ)

収穫って楽しい~。




[PR]

by mizuki_nim | 2017-09-25 20:39